1週間の自宅安静

を言い渡された。

妊娠6ヶ月後半のことだった。

 

妊娠がわかってからというもの、つわりらしいつわりもなく、仕事も楽しく、比較的充実した日々を過ごしてきた。

アサインされているプロジェクトで、夏終わり〜秋にかけてがピークのものが3つほど。楽しいながらも忙しくなってきた最中だった。

 

先週末、日曜に担当のイベントがあり、1日中歩き回り、久々にヘトヘトだと思うほど疲れた。

翌月曜も出勤で、2時間立ちっぱなしになるプログラムを担当した。

日曜の疲れが抜けておらず、ところどころ座れるところで座りながら、なんとか1日を終え、「やっと休みだ。ダラダラするぞー」と思った翌日の朝、出血した。

 

検診の予定はなかったが、病院に電話で行った方が良いか尋ねたら来いとのこと。

内診された後、医師にめちゃめちゃ説教された。

 

「なんで仕事するんですか?」と聞かれたので、

「仕事が好きだからです」と答えたら、

「仕事が第一で、妊娠はおまけなんですねー」と言われた。

 

いやいや。妊娠は新たな命がかかっているわけだから、おまけなんかじゃない。

心からそう、思っている。

 

でも、仕事が好きなんだよね。産む直前までも、産んでからも続けたい。

 

初産で、これまでお腹の張りをきちんと自覚できていなかったし、仕事のセーブの仕方もわからなかったから、無理をしすぎた私がよくなかった。

これは今回学んだ一番の反省点。

 

でも、それでも。

なんかモヤモヤが残ってる。

 

妊娠・出産は、奇跡だ。

人の命がかかったものだから、「100に1はダメでもいいや」が通用しない。

リスクはできる限り回避し、受容するリスクは限りなく低くなければいけない。

 

が、まだ私の気持ちが、追いつかない。

 

仕事が好きだ。

産む直前までも、産んでからも続けたい。

 

この気持ちは、どこまで諦めねばならないのか。

 

 

急に1週間の自宅安静となり、職場にかなり迷惑をかけた。

そんな中でも「今はゆっくり休んで」と優しい言葉をたくさんもらい、直近の仕事は全て他の人に引き受けてもらった。

 

一つ、また一つと、

私の仕事だったものが、手から離れていくたび、寂しさが残った。

ありがたいながらも、心の中では悲しかった。

 

この気持ちは、どう折り合いをつければ良いのだろう。